天皇について

 

佐々木 眞

 
 

 

有史以前秋津嶋に舞い降りし天孫こそはア・プリオリに偉大、か
八隅しし吾大王の高照らす日の皇子らはいかに御座すや

「万世一系」などと気安く言うが最初期の天皇なんて誰も知らない
南北で2つに分かれし万世のいずれが正当いずれが異端
なにゆえに赤の他人に頭を垂れるその来歴も定かならぬに
「日本第一の大天狗」と「日本第一の大悪霊」をこの世に送りし鳥羽上皇

愛しけやしわご大王の御代のいやさかを年の初めに祈る歌人は
和歌短歌宮廷文化の精華とて今なお愛でる歌人もありしが
今もなお五七五七七が大王の治世を言祝ぎ下支えする
遠き世の部族の長の末裔と伝わる人に額ずく人々

「人の上に人を作らず」と諭吉言いしが天皇だけはその限りにあらず、か
年下の会ったこともない女の子を「佳子様」などと様付きで呼ぶ
なにゆえに苗字がないのか雅子紀子小雪やノンと同じじゃないか
「眞子様」と生まれながらに呼ばれる人と「眞眞」と呼び捨てられし我
九重にもヒエラルキーがあるようで横綱三役幕内幕下

空虚なる中心すなわち真空地帯 良家の子女の精神を乱す
政権がぶち壊そうとする憲法を天皇が守ってくれると勘違いした思想家
天皇は日本国の象徴にあらずして日本国民統合の象徴にもあらず
我が国の主権はあくまで民にあり天皇を奉戴するも拒むも

天皇と天皇制なき世の中の明るい空虚に堪えよ民草
この国に「象徴」などは要りません青空を行くひとひらの雲
平成の後にはきっとやって来るみんなに愛される素敵な皇室

 

 

 

「夢は第2の人生である」改め「夢は五臓の疲れである」 第69回

西暦2018年長月蝶人酔生夢死幾百夜

 

佐々木 眞

 
 

 

マガジンハウスの編集部で、サワダ選手が「今日はお世話になったのでなんか美味しいものでも食べましょうか」というた途端に、目の前の日程表がずり落ちたので、左隅の画鋲を刺しているうちに、誰もいなくなった。8/1

あわてて部屋を出ると、廊下の片隅でカタギリ社長が、哀しい顔をした女性の面談をやっていたので、「マガジンハウスもリストラで大変なんだなあ」、と思いながら、知り合いのライターと歩いて行くと、向うから「30億がどうのこうの」と言いながらやって来る男がいるので、よく見ると安倍蚤糞だった。8/2

おらっちが出演する2本のダンスショーは、長年にわたって人気を博してきたのだが、いつの間にか、不入りのお荷物プログラムになってきたので、その原因をよく考えてみると、肝心の私自身が、しばらく前から出演していないのだった。8/3

昔とった杵柄で、しぶしぶ広告制作に携わることになった私だったが、元電通のスギヤマ・コータロー選手から巧みにおだてられ、いつしかクリエイテイブ・ハイの高揚状態に突入していったのだった。8/3

猛烈な暑さの中、遠方から帰ってきた彼が杖を突くと、そこから清冽な水が迸り出た。8/4

うちらは、ギリギリまで海で泳いで、濡れた水着のまま駅に行って電車に乗り、みなでワイワイ騒いだので、乗客の顰蹙を買いながら、そのままの格好で帰宅した。8/5

もし火事になると困るので、私らは、その予防のために、5色のションベンを、家のあちこちに、ひっかけた。これで、もう大丈夫だ。8/6

ともかくどのお店でも「ナンバー17」が大人気。すぐに品薄になるので、クレームが殺到します。8/7

もりかけそば屋では、あんこの入った素麵が、飛ぶように売れているようだった。8/8

私設カジノが摘発され、ブルドーザーで完膚なきまでに破壊されたのに、いつのまにか復活して、怪しい賭博中毒者がよろよろしながら出入りしている。8/9

アフリカの女王となった理想主義者の姉は、統治するに際しても理想主義的な正しさを振りかざしていたので、現実派の私は「ネエさん、政治の世界では正しさだけでなく、強さを兼ね備えた正しさでないと無意味だよ」と警告したのだが、聞き入れてくれなかった。8/10

今日は、大学の法文ホールで、学館問題をどうするかについての、大討論会が開催されていたのだが、彼と彼女は、いつの間にか、消えてしまった。8/12

「この橋は、まもなく寿命が尽きることになっておる。ついては、お前たちが、まあそこそこの代わりの橋を、作り直せ」と、お代官様はわしらに命じられた。8/13

「善き牧者の朋」という組織にカンパしたところ、国家警察の忌避に触れたらしく、憲兵どもが自宅に赤紙を張って、外出できないようにされてしまった。8/14

その著名な写真家の作品は、少年期、青年期のみずみずしさ、壮年期の成熟、老年期の枯淡を経て、再び赤子のごとき純朴に回帰していた。8/15

スピロヘータに感染したせいか、私の販売企画は当たりに当たって、どんな階層をターゲットにした商品も無茶苦茶に売れるので、社長も口をあんぐり開けて驚いている。8/16

人気抜群のタロとシロの兄弟は、タロ&シロという有限会社を立ち上げ、郷里から末弟のサブローを呼び寄せ、3人トリオのコントとお笑いで、しばらくの間一世風靡した。8/17

暑苦しいので、真夜中に雨戸と窓をあけていたら、私は、網戸を持ったまま、2階から落下してしまったよ。8/18

暴れん坊は、大暴れしていたが、さしもの暴れん坊も、「お前の父母を捕まえた」と、ラウドスピーカーで伝えると、すぐに観念し、武器を捨て、両手を挙げて投降してきた。8/19

全国中学生ブラバン大会に出場する、地元のチームの連中が、なぜだか私の部屋に、全員潜りこんできたので、激しく戸惑っているわたくし。8/21

この海に突き出た小さな岬には、時々観光客が訪れるのだが、なかには、最先端の岸壁の岩陰に隠れて、夜を待つ恋人たちもいるので、彼らを見つけて、岬の外に連れ出すのが、私の仕事だった。8/22

また戦争が始まったので、三越のライオンや五輪の金銀銅のメダル、一本刀土俵入りの刀など、金目のものは、ことごとく供出を命じられている。8/23

奥の四畳半で休んでいると、青白い顔をした少女がやってきて、フラフラしているので、横抱きにしてやると、そのまま、ぐっすり眠り込んでしまった。8/24

ギリギリ国に入ると、多くのギリギリ人たちが、猛烈な頭痛と歯痛と咳に悩まされ、「もうもう堪りません。この頭を無くしてください!」と頼むので、私は大きな鉞で、バッタバッタと、ちょん切ってやったんだ。8/25

ギリギリ人たちは、今度の核戦争では、一瞬のうちに苦痛なしに焼き殺されることを熱望していたので、敵軍の原水爆投下推定地から遠ざかることを、いさぎよしとしなかった。8/25

地下観光ツアーAチームの案内役はマエダ嬢、Bチームのそれはアオキ嬢だったが、突如通信障害が起こって、双方との連絡が取れなくなったので、急遽私が、救助チームを編成して、真っ暗な地下道を手さぐりで降りていった。8/26

氏は、今年いっぱいまでの連載物の記事も、まだ依頼されていないその続編の一年間分の原稿も用意したまま、突如として身罷ったのであった。8/27

ルック社のMD担当は、いくら注意しても、去年と同じ色柄デザインを提案してくるので、伊瀬丹のバイヤーたちも呆れていたが、後に社長になった企画担当者は、「ふぁあちょんなんて毎回変えても、所詮同じようなものでさあね」、と澄まし顔で居直っていた。8/28

ジャック・ブレルの持つライカは、その時微かにブレたのだが、それが決定的瞬間を作り出すことになったのだ。8/30

私が持っているシャネルのドロップドレスは、ちょっと動いただけでずり落ちそうなので、腰から下に袴をはいて歩き始めたら、LaLaLandの連中が、私の周りでポンポコリンを踊り出した。8/31

 

 

 

家族の肖像~親子の対話その36

 

佐々木 眞

 
 

 

お母さん、素敵ってなに?
とてもいいことよ。
ステキ、ステキ、ステキ。

メレンゲ、お菓子でしょ?
そうだよ。

お父さん、小田急ちょっと揺れるでしょ?
そうねえ、ちょっと揺れるね。

自害って、死ぬこと?
そう。誰が自害したの?
武子が。八重の桜で。
そうか。大河ドラマね。

狭いと入れないでしょ?
そうだね。
お父さん、ふんづけちゃあだめでしょ?
だめだよ。

ほったらかしにしたら、お客さんおこるでしょ?
そりゃおこるね。

お父さん、台なしってなに?
めちゃくちゃにすることよ。

お母さん、ありふれたって、なに?
よくある、よ。

お母さん、両方って、なに?
こっちも、あっちも。

両は雨に似てるでしょ?
そうねえ、似てるねえ。

耕君、お盆休み終わったね。
ボク、明日からふきのとう舎とファミリーナ宮下行きますお。
そう、がんばってね。

お母さん、この際ってなに?
ちょうどいい機会、よ。

お母さん、魅力的ってなに?
ステキってこと。

お母さん、もう浮輪つぶして。
もう泳がないの?
泳ぎませんお。

ゴホゴホ。
お母さん、風邪大丈夫?
はい、ありがとう。

ゴホゴホ。
お父さん、風邪大丈夫?
ダイジョウブ。
お父さん、お母さん、二人とも早く良くなってね。
分かりましたあ。

ウオーキング、散歩でしょう?
そうだよ。

ガマの油は動物でしょ?
ガマは動物だよ。

ぼく、船頭さん好きですお。好きなんですよお。
そうなんだ。

お父さん、なんで石原さとみ泣いちゃったの?
さあ、どうしてかなあ。お父さん分かりません。

お父さん、正しい、の英語は?
ライトだよ。

お父さん、バカって言ったらダメでしょう?
そうだよ。誰かにバカって言われたの?
言われなかったよ。

お父さん、イライラしたらダメでしょう?
ダメだよ。

 

 

 

幸いなるかな

 

佐々木 眞

 
 

コウ君が笑うと、世界が輝く。
ケン君が笑うと、世界が揺れる。

私が笑うと、突然、世界が歪む。
そこで、ミエコさんが笑うと、世界が溶ける。

ああ、幸いなるかな、
まだ笑うことができる者たちよ。

幸いは、微笑みの中にある。
そのとき世界は、われらのものだ。

 

 

 

ズビズバー パパパヤー

音楽の慰め 第32回

 

佐々木 眞

 
 

 

カツオ「ねえねえ、NHKってまた偽ニュース流したんだって?」

のび太「へええ、ほんとかなあ。誰が言ってるの?」

しずかちゃん「トランプさんよ」

くまモン「でもあのひと、偽大統領なんだよ。知らなかった?」

シャイアン「へえー、そうなんだ」

トト子ちゃん「安倍さんも偽総理大臣なのよ」

おそ松「へえー、そうなんだ。知らなかったなあ」

ワカメ「ISって、偽イスラム国のことでしょ?」

サザエさん「そうよ。満洲国も偽満洲国なのよ」

イクラ「バブー」

イヤミ「ところで、あんた、誰?」

チコちゃん「あらま、わたしのことを知らないの。ボーっと生きてんじゃないよ」

ガチャピン&ムック「こいつ、偽チコちゃんさ」

チコちゃん「平成が終わったら、あんたらは死ぬといい。あんたらの死は近いぞ」

伴淳「アジャパー!」

アチャコ「滅茶苦茶でごじゃりまするがな」

黒柳徹子「チコちゃん、あーた、そんなひどいこと言うと、死んでも『徹子の部屋』で追悼してあげないわよ」

左ト伝「ズビズバー、パパパヤー、やめてケーレ、ゲバゲバ」*

 

 

*『老人と子供のポルカ』

作詞作曲/早川博二 歌/左ト伝とひまわりキティーズ