「夢は第2の人生である」第63回

西暦2018年如月蝶人酔生夢死幾百夜

 

佐々木 眞

 
 

 

台風が来襲したので、私は老女と娘が2人暮らしをしているナントカ家が、おおかぜで飛んでいかないように錨を打ちつけたが、烈風が猛威をふるってきたので、だんだん心配になってきた。2/1

私とケン君は、ここんところ広い竹林に棲んでいたのだが、ケン君は、だいぶ疲れているようなので、心配だ。2/2

かのヘルタースケーターは、中央図書館の百科事典コーナーで、いつものように飛んだり跳ねたりしていた。2/3

私はサンフランシスコ・セーヤー軍の、1軍と2軍を取材した。1軍は地下鉄を利用しているのだが、2軍の元有名選手たちは、昔懐かしい馬車に乗って球場入りをしているようだ。2/4

1枚目は失敗作だったが、2枚目はゴッホとムンクを掛け合わせたような、なんだか生きているような感じがする絵ができたので、我ながら驚いてしまった。2/5

私は、会社の営業車を改造して3階建てにして、超おしゃれな内装でシックにまとめた最上階のオーディオルームに寝そべって、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」を聴いていた。2/6

その頃の私は、のちには殺してしまうことになる人たちと一緒に、楽しく映画に出演したりしていた。2/6

その日の私の制球は冴えに冴えて、敵をバッタバッタと三球三振に討ち取っていたが、肝心要の9回裏に4番の痛恨の逆転ホーマーを許してしまったのは、朝御飯の時に、つい「タラの白子」を喰うてしまったからに他ならない。2/7

どういう風の吹きまわしか、かねてから莫迦にしているマツザカ社長と、ぱったり出くわしたのだが、だんだん彼奴のペースに巻き込まれてしまい、自分が卑屈な態度を取り始めていることに気づいたが、かというて、どうすることもできない。2/8

デザイナー志望の私は、学校を出てから、きまぐれにいくつかのデザイン会社を受けたが、みな合格してしまった。面倒くさいので、一番はじめに合格通知がきた会社に入ったのだが、それがわが人世の躓きの石となった。2/9

「さあ、撃とうと思うなら撃ってみよ!」とお得意のセリフを絶叫した途端、私は舞台の上で、腹に1発銃弾を喰らった。護民官が、「芝居の中では、絶対に人殺しをしてはならぬ」と再三にわたって厳命していたにもかかわらず。2/10

疎開列車の中では、ときおり天井から降りてくる、葡萄や柑橘類などの果物を食べるのを楽しみにしていたのに、あっという間悪童たちに食べられてしまった。2/11

このヤクザの男は、目の前の織機が、由緒ある古代織を編み出す機械であることを、つとに見抜いているようだった。2/11

いと狭きノアの箱舟にて、情人を確保するは至難の業にて、性欲猛き若き男どもは、時に禽獣を捕まえては、腐りし精を放ちおりたり。2/12

偉いさんたちは、明日の船便を運行させるかどうかについて、曇り空を見ながら相談していたが、僕らはカニなので、小魚たちと楽しく遊び戯れていた。2/13

左の歯が痛い右の歯が痛い左の歯が痛い右の歯が痛い左の歯が痛い右の歯が痛い左の歯が痛い右の歯が痛い左の歯が痛い右の歯が痛い左の歯が痛い右の歯が痛い 2/14

オフィスのフロアが、草ぼうぼうになってしまったので、みんなで手分けして、大掃除をしているうちに、私はえもいわれぬ幸福感に包まれていった。2/15

彼女が、「あなたの古本も売ってあげましょうか?」と親切に言うてくれたのだが、私は断って、彼女の店の片隅で、戦前の無名作家の小説を読み続けていた。2/16

「押しくら饅頭押されて泣くな」という子供たちの悲鳴のような歌声が終わったので、外に出て見ると、はらわたの裂けた饅頭が1個落ちていた。「お父さん、ボクだよ」という声が、そこから聞こえた。2/17

天才悪魔博士の弟子たる私は、博士が開発した難病退治のワクチンを、次々に飲まされる人間モルモットとして重用され、ひとつしかない命を危険にさらしていた。2/18

満月の夜にチチンプイプイと唱えて交わると、子供ができた。翌年の満月の夜にチチンプイプイを2回唱えて交わると、双子ができた。そのまた翌年の満月の夜にチチンプイプイを3回唱えて交わると、3つ子ができた。そのまた翌年の満月の夜に2/20

会社の若者たちと共同生活を始めたのだが、すぐに嫌になった。些細なことで行き違いがあり、ひとたび生じた亀裂は、もはや修復のしようもなかった。どっちが悪いのか分からないが。2/22

殺してもあきたらない彼奴の、まるで猪八戒のように醜い体に、切り出しナイフで3度切りつけたのだが、なぜか彼奴は、まだ倒れない。2/23

私が長い旅から戻ってくると、長年にわたって下宿していた長屋が、何者かの手によって壊され、火をかけられ黒焦げになっていた。2/24

私は政府の犬になってしまい、さらに落ちぶれて、殺し屋になってしまった。上機嫌で唄い踊っている連中を見つけると、いきなり背後からドスで刺し殺すのが仕事だ。2/25

お笑いの世界でちょっと有名になった私に、扶桑社のタジマという男から電話がかかってきて、「新書を出しませんか?」と誘われたので戸惑っていると、「なに、もう原稿は全部出来上がっているので、お金さえ頂戴すればすぐに出版できますよ」という。2/26

海外出張を終えて出社すると、企画室の私の席に見たこともない人物が座って電話をかけまくっているので、私は、「ははあん、これは常務のナベショーの嫌がらせだな」とすぐに分かった。2/26

私を見ると必ず、狂ったように歯をむき出して襲いかかって来る阿呆莫迦犬がいたので、私は、飼い主もろとも叩き殺してやったんだ。2/28

 

 

 

新・冒険論 10

 

帰って
ホヤで姉とビールをのんだ

高速バスに乗った

新宿から
山手線で上野にでた

それから御徒町まで歩いて
西口焼きトンで荒井くんとのんだ

荒井くんとマヘルの”Lotus on maher”にいった

ここに脱システムはあった

工藤冬里さんにわたし
脱システムは売れないですねといった

 

 

 

箱詰日記

 

薦田 愛

 
 

連れ立ちて茅の輪くぐらむ大転機
 
預かりし父の恋文梅雨晴れ間
 
虫干しや備蓄にと母買ひ過ぎし
 
抽出しを空けて梅雨明け退職す
 
びわ剥きて笑みて断捨離転宅す
 
相みつの時満ちたれば引越し日
 
まなうらに花耀けり短夜の
 
炎天下セミダブルベッド搬出す
 
あめつちのはげしきなつよやうつりす
 
文月や押入れ箪笥三つ四つ
 
床拭ひ汗ぬぐひてや搬出日
 
掃除機を積みて暑中の荷台かな

 

 

 

 

天使よ、早く帰りなさい

 

道 ケージ

 
 

祈りをやめないで
そう並ばれては
恥ずかしい

突然
やたら強く 声なしに
腿を摑まれた朝

組み伏すしかない
羽根が 口に入る
離さない 背負うように

おあっ、関節を
外された でも離さない
あなたはなぜ滅ぼさない
なぜ試すのか

私の貧しさは
あなたの貧しさではないのか
力を入れるたび組み伏され

飛び立てば、いいではないですか
私を放りやり

お前は明日から驢馬
「ロバですって」
「言わんこっちゃない」
「さあ、大人しく座って」
帽子なおして

いつのまに
従わずに従っている
反抗の手が命乞いの形だ
おまえは私なのです

祈りをやめないで
見ているだけで
いいのだから

 
 
 

註 P.ゴーギャンの「説教の後の幻影(ヤコブと天使の闘い)」に触発されて書いたものです。。

 

 

 

家族の肖像~親子の対話その30

 

佐々木 眞

 
 

 

「さいあく」ってなに?
いちばん悪いことよ。

「えこひいき」ってなに?
その子ばかり可愛がることよ。

ぼく堂ヶ島、好きですお。
お母さんもよ。

一瞬てなに?
あっと言う間だよ。

お母さん、「なにとぞ」ってなに?
どうぞお願いします、のことよ。

お父さんテレビの番組、なんというの?
プログラムだよ。

「卒業しても鎌倉へ遊びに来てください」マスザワ君言ったよ。
そうなんだ。

金八先生、ドラマでしょう?
そうだね。

例えば。
例えば、なに?

ぼくユウちゃんとカナメくん両方好きだよ。
お母さんも。

浮き彫りってなに?
浮かび上がってくることよ。

ぼく忘れな草好きだよ。
お母さんもよ。
忘れな草どこにあるの?
ここにはないけど雪の中よ。

お母さん、月曜日になったら予約してくださいな。
なんの予約?
岸本歯科だお。

お母さん、ぼく岸本歯科すきになっちゃったんですお。
そうなの。
ぼく、岸本歯科行きますお。

ぼくは静かにやってもらいますよ。
なにを静かにやってもらうの?
岸本歯科だお。

お母さん、ぼく下駄好きですお。
そう。下駄履きますか?
ゲタゲタゲタ。

お母さん、ぼく西浦和いきますよ。エイコさん、西浦和行ったことある?
さあ、分かりません。

お母さん、ぼく、サカイさん信じます。
そうですか。

しかし、しかし、お父さん、しかしの英語は?
バットだよ。
しかし、しかし、しかし。

お母さん、お気の毒ってなに?
可哀想のことよ。

うるわしいってなに?
美しいことだよ。

お母さん、つぶやくってなに?
ぼそぼそいうこと。

会議中って、あとで話すのこと?
なに?
あとで話すの会議中?会議中話せないからだね?
そうだね。
カイギチュウ、カイギチュウ。

お母さん、やくどしってなに?
悪いことがあるかもしれない年よ。

梅雨は、ばいうでしょう?
そうだね。
バイウ、バイウ。
お母さん、中華街、料理でしょ?
そうよ。行きましょうか?
嫌ですお。

お母さん、転校生ってなに? 違う学校行くこと?
違う学校から来ることだよ。

比較的ってなに?
比べると、よ。

お母さん、ぼく勝浦好きですよ。
じゃあ行きましょう。

ぼく、伊香保温泉好きですお。
耕君、行ったことあるの?
行きましたお。

お母さん、当時はってなに?
その時は、よ。

おっ母さん、ぼくダンデリオン好きですよ。ダンデリオン、レストランみたいに?
そう、レストランよ。

接続ってなに?
つながっています、よ。

越後ってなに?
新潟県だよ。

お母さん、ジュンサイ、ぬなわだよ。
なに?
ぬなわ、ジュンサイだお。
なになに、万葉集には沼縄と出ているのかあ。耕君よく知ってたねえ。
ジュンサイ、ぬるぬるだお。

 

 

 

不明

 

萩原健次郎

 
 

 

いつからいなくなったのだろうか
千年前
泥沼に脚まで埋まって
池の貌に浮かばれない

わたしは、あなたを知らない
はじめから不明
かなしんでいる所作は、知っている
千年前
獣とあそんでいた
はしゃいでいた
老人であるのに、無邪気に獣とじゃれていた

わたしが、眼病みだから不明なのではない
わたしが、摩耗しているから不明なのではない

この絵に生きていない、首と脳と心臓と
水に浮かぶ、わたしの魂胆が不明なのだ

ほそい石橋は、二百年前に架けられたのか
わたしは、時折は、恋しくおもう
不明に、情を飲み干すから
平穏な水が、怒ってふるえていたりする

わたしは、わたしの平らを
水に流して、生きてきたふりをしている

歌を捨てにきた人が、群れている

 

 

連作「不明の里」のつづき

 

 

 

新・冒険論 09

 

高速バスを降りた

横手から
電車で湯沢まで行った

途中
醍醐という駅を通った

醍醐は涅槃のことなのかな
緑の山々がこんもりと女のように過ぎた

姉は迎えに来てくれてた
姉の家では義兄と母に線香をあげた

同窓会では
幼い俤が残った顔たちをみた

通過していった
光っていた

 

 

 

つねなる古物屋の店開き中

 

駿河昌樹

 
 

小説家の井上光晴がむかし
才能のある者が見出されないことなど絶対にない
どんな小編でも必ず見出される
と対談だか合評だかで言っていて
それほど世間の目というのは信頼できるものかと思いもしたが
いつのまにか
井上光晴自身もすっかり書店から消えてしまい
彼といっしょに話題にされることの多かった野間宏や
武田泰淳あたりさえ消えてしまい
村上春樹を賞に選んだ佐多稲子も消え
やはり群像新人賞で村上春樹を推した丸谷才一
エッセイではなんとか命脈を保ったものの
小説がつまらないと蓮実重彦から酷評されていたあの丸谷才一も消え
ひと頃は文庫棚を席捲した丹羽文雄も文芸文庫以外からは消え
個人文庫コレクションが多量に全国に並んでいた遠藤周作も消え
毎年毎年の芥川賞受賞者のほとんどが
その後うまくは続かずに消えていくのを見続け
詩だの短歌だの俳句だのとなると
どれほど新聞文芸欄の知りあい担当者が頑張って記事を書こうとも
もう世間は虚無の大海のように大いなる無反応を示すだけなのを
つらつら長いこと見続けてきてみると
甘かったんだなァと思う
井上光晴は
社会自然主義とでも呼びたいようなあの作風は
中上健次が読まれ得ていた時代はまだ生き延びていても
村上春樹一辺倒の時代に入ると
もう古物屋にさえ置かれなくなってしまう運命となった

ところで余はいつも
井上光晴や野間宏や椎名麟三や梅崎春生あたりに熾烈な興味があるのだから
頭の中はつねなる古物屋の店開き中というわけかもしれない