落差の原理

 

辻 和人

 
 

遂に実物見ちゃいましたよ
何十年もの夢ですよ
うず、うず
うず潮
鳴門のうず潮
昔むかーしテレビで「鳴門秘帖」ってのをやっててね
話は忘れちゃったけど
オープニングのうず潮の映像がとにかくカッコいい
いつか見てやる、いつか見てやる
うず、うず、うず
心の底に何十年
それが遂に実物ですよ

金曜の夜に会社出てそのまま羽田空港へ
第1ターミナルと第2ダーミナル間違えてミヤミヤに叱られて
1泊してバスで1時間弱
喉乾いて「うず潮サイダー」
微かな塩味が喉元突き
うず、うず、うず
盛り上がっているうち
集まってきた、集まってきた
期待に胸を膨らませた皆さん
うず、うず、うず
強い陽差しに輝く「わんだーなると」の口に吸い込まれていく
さあ、ぼくたちも吸い込まれるぞ

船内の椅子に腰かけたものの1秒で無意味と悟り
子供たちの声が響き渡るデッキへ
家族連れが多いなあ
お、この御一行は中国からのお客さんかな
男の子女の子1人ずつ連れたご夫婦
2歳と3歳?
やっと歩けるって感じ
くたびれた時の備えとして2人用ベビーカーがスタンバってる
「わんだーなると」、泳ぎ出す
岸から離れるにつれ波が荒くなり

うず、うず、うず
わぁお、いきなりクライマックス
きゅるきゅるきゅる
海面から馬の頭みたいのが生え出る
にゅいーっと上体を起こしそうになる寸前
別の角度からの力にぶん殴られて
くぅるくぅるくぅるくぅるーっ
深い穴を開けながら沈んでいく
ほら次、ほら次
きゅるきゅるきゅる
と生え
くぅるくぅるくぅるくぅるーっ
と沈む
「わんだーなると」の周りだけ
騒々しい
でもって、この区画の外は平穏そのものなんだ
うず、うず、うず
すごいなあ、「鳴門秘帖」なんてメじゃないぞ
写真撮るのをやめてひたすら海面を覗き込むばかりのミヤミヤ
隣の中国人御一家も大はしゃぎ
特に子供たちが弾けてる
お父さんお母さんに抱っこされて
足バタバタ
「あーひゃー、あーひゃー」
良かったねえ、面白いもの見られて
うず、うず、うず

「すごかったねえ。聞きしに勝るとはこのことだね」
下船して満足そうなミヤミヤ
いやあ、ホント
何十年もの夢に実物があったなんて
顔にかかった飛沫はしょっぱい
生きて、動いて、回って
塩味までついてる
施設の説明によると
100メートル程の深さで高速度で流れる本流
浅瀬になっている両岸付近での低い速度の流れ
その速度の落差が海水の回転を生むのだそうだ
しゅーっと走り抜けようとする本流が
おっとりした両岸の流れにぶつかって
がたん、がくっ
跳ね返されては
うず、うず、うず
なるほど
世界の3大潮流の1つ
夫婦で地学の勉強もしちゃいましたよ

帰りのバス停に歩くと中国からの御一家にまた遭遇
力持ちのお父さんは荷物係
お母さんはベビーカーをゆっくり押して
微笑みあってる
お互い、珍しい景色見れて良かったですねえ
ボクちゃん、お嬢ちゃん、一緒のバスで帰ろうね
ところが、何と、何と
2人の子供たち、飛び降りて走り回ったかと思うと
ベビーカーをお母さんの手から奪い取った
バス停から少し低い位置にある道路へ
投げ落とす
がたん、がくっ
もういっちょ
がたん、がくっ
「あーひゃー、あーひゃー」
お母さん、慌てて止めに入る
「あーひゃー、あーひゃー」
うず、うず、うず

たまげた
落差だよ
うず潮生んだ落差だよ
海でもバス停でも
おんなじ落差の原理が
おんなじ歓声を発生させてる
実物ってのは違うねえ
何十年の夢よりすごいねえ
うず、うず、うず

 

 

 

愛と平和

 

今井義行

 
 

冷蔵庫のなかにあるもの全部
食べてしまった後で
泣いてる

愛と平和 が ほしい ──

「愛」

「平和」

べつべつに
ならべて それからよせて。

飢えている私は
とおい あなたと暮らしはじめようというのだ

約束の時間に
ビデオ画面で 通話 ──

「何してるの、ユキ?」
アルジェリーが 語りかけてくる
白いキッチンに
真っ黄色のTシャツ
褐色の肌に よく合う配色だ

「テイクアレスト、オンザベッド」
「テイクケア、ユキ」

「ぼくのからだをあまり見ないで、、、、
食べすぎて とても 肥ってしまったんだ、、、、」

私は 大きな西瓜が1個入ったような自分のお腹を反射的にかくした
なぜ そんなに 食べすぎるのか
物理的な距離だとか時差だとかを
埋め尽くすように 食べるのか?

ビデオ通話では わかり合いづらいものがある ──

「I miss you、、、、、、」

私は 沈黙する

「恥じる必要なんてないよ、ユキ
あなたが肥ろうが 痩せようが
禿げようが 足が1本なかろうが あなたは、あなただ」

「ありがとう、アルジェリー」

「2019年の12月23日から
2020年の2月2日まで 40日間私たちはフィリピンで過ごします
私は とても エキサイトしています」

「そして1月26日 日曜日は結婚式だ」

「その間に 私たちはボルケイビーチヘ行く
娘たちも いっしょにね」

そんなに長い期間 一緒に過ごすのは 初めてのことだった

「I miss you、、、、、、」

「I miss you too、、、、、、」

ビデオ画面での 通話は 20分くらいで終わる ──
時差が 6時間あるので
アルジェリーは 昼食後 ふたたび仕事に戻るのだ

「ヴェリィヴェリィヴェリィ、ホットヒア」

「I miss you in bed、、、、、、」
「I miss you in bed、、、、、、」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

訪問看護ステーションの末吉さんが 訪ねてきた日
血圧測定 検温をしているとき
私は「じつは 来年 結婚するんです 」と言った
「こころの支えがあるのは良いことだよ、、、、、、」と末吉さんは言った
「お金 あとどれくらいあるの?」
「、、、、、、、、、、」
「生活保護を受けるとして
夫婦共倒れに ならないために
入籍してから 生保申請するのが良い 奥さんも受給できるから」

「愛」

「平和」

べつべつに ならべて
それから
よせて

冷蔵庫のなかにあるもの全部
食べてしまった後で
泣いてる

愛と平和 が ほしい ──

「彼女は 工場で働きたいと 言ってます」
「すぐには 見つからないだろうねえ」
「日本語は 堪能なの?」
「いいえ、、、、、、、」

「すぐには 見つからないだろうねえ」

約束の時間に
ビデオ画面で 通話 ──

愛は ふかい
平和は ひろい

「ぼくの日本の友人たちが心配してくれている、、、、、、、」
「何を、、、、、、?」
「生活について、、、、、、、」
「ノウプロブレム
ネガティブな思考は しないこと
メモリアルデイに むけて
ちからを あわせるの」

「I miss you in bed、、、、、、」
「I miss you in bed、、、、、、」

アルジェリーは 仕事からあがって
シャワーを浴びている

水しぶきが こちらに撥ねてくる勢いだ
42歳の
フィリピーナの

まるい 乳房が 揺れている

愛と平和 が ほしい ──

「愛」

「平和」

べつべつに
ならべて それからよせて。

飢えている私は
これから

これから
とおい あなたと暮らしはじめようというのだ

 

 

 

昔は葉を食べていた *

 

いちど
会った

品川のホテルの広い部屋で

雑誌の対談だった

その後で
そのひとは海で死んだ

仙台育英の頃
ボクシングの練習でランニングして

道端の草の葉を食べていた

本で読んで
知ってた

家で飼っていた牛が

売られていくのを見て
泣いた

それも
知ってた

ニーチェのようだ
ニーチェのようだ

色紙を
書いてもらった

あまり
話せなかった

昔は葉を食べていた *

 
 

* 工藤冬里の詩「高知」からの引用

 

 

 

西歴2019年葉月の歌

 

佐々木 眞

 
 

 
 

その1 西瓜の味

 

海水浴から帰ってきました。

毎日のように少し昼寝をして、午後から1時間だけ海水浴に行くのです。
そして帰りには、逗子池田通りのウララ果物屋さんで大きな三浦西瓜を買ってきて、食後にいただきます。

西瓜ほど美味しい果物は、ありません。

大きな三浦西瓜をどんどん食べていると、家の外ではニイニイ、アブラ、ミンミン、それに時折は関西から北上してきたクマゼミもやってきて、小さな庭のまわりでいつまでも恋の混声合唱を繰り広げています。

エアコンをつけなくても、涼しい風が陋屋に吹きわたり、東の窓一面に2階まで這いあがった天青と沖縄雀瓜が、強い日差しを遮ってくれます。

世間では悪代官がテロリストに暗殺されたとか、地震が明日やってくるとか、そのうちに世界が終焉するとか、ラチもなくラアラアと騒いでいるようですが、いったいそれがなんだというのでしょうか?

われらは、生きる間は生きており、死ぬるときには、みな死ぬのです。

後で振り返ったときに、恐らくはあのときがいちばんだったと思えるような人生の小さな夏休み、平穏無事で格別なことが何ひとつ起こらない、このささやかな仕合わせを、朝な夕なに、じっとかみしめているところです。

 

空白空白西瓜ほどおいしい果物はない いずれは君にも分かるでしょう 蝶人

 
 

その2 鈴木志郎康著「攻勢の姿勢1958―1971」を読みて歌える

 

600頁もある部厚い詩集のド真ん中を開くと、
いきなり飛び出したのは、プアプアちゃん!

腰周りには、番町皿屋敷のお皿サラサラ
何枚何十枚の処女膜ぶら下げ、
「いつでも誰でもいらっしゃい」と、
いといやらしき、危なの腰付き。

きゃああ、純粋桃色小陰唇のプアプアちゃんだあ!

はじめに言葉ありき。
生の混濁とドン詰まりを、性の最先端で一点突破せんと喘ぐ詩人の口先に、
突如京の空也上人、南無阿弥陀仏の5連発のごとく、
天孫降臨城のごとく降り立ったのは、突然変異の守護神ジャンヌ・ダルク、
いやさ、売春処女にして聖処女のプアプアちゃん!

「プアプアちゃん、お元気ですか? あなたの生みの親の、お茶の水博士のような鈴木志郎康さんは、お元気ですか?」

「あーた、そんなことより、今夜のニコライ堂のイベントには行かないの? 深夜同盟暴力員会主催の『聖ニコライ堂で処女の生血を啜ろうぜい!』がそろそろ始まる頃よ」

「えっ、そんな素敵なことして、日韓談判や学費学館やセレブvs貧民の階級闘争はどうなるの?」

「あーた、絶対矛盾の自己同一、知らないの? 一点突破、全面展開、知らないの。
まずは父親と母親を殺して家族帝国主義を粉砕し、父母未生以前の自己を取り戻すのよ。そのためには、みんなで処女の生き血を一升枡で汲み交わさなくちゃ」

「フマやヨシダも来るのかなぁ?」

「そんな一部のはねっかえりだけでなく、全都の学友諸君が、挙って立ち上がる記念碑的な夜なのよ。乾坤一擲、エラン・ヴィタールの爆発なのよ!」

黄金の乳房をゆらゆら揺らすプアプアちゃんの話では、純粋桃色小陰唇の処女プアプアちゃんに加えて、虎の子廃処女キイ子ちゃん、もとい路上血まみれタイガー処女キイ子ちゃん、謎の洞窟処女、私小説的老処女キキ、純粋処女魂グングンちゃんも、全員腕を組み足を踏みならしてラッタラッタラアと参加するという。

そして全員が横浜港の大桟橋からバイカル号に乗り組み、
全世界を一挙に獲得する、革命的なツアーに出るという。
全世界を横領しているツアーリどもを、ことごとく暗殺するという。

お尻ぺんぺん、プアプアちゃん。
なんという、あらましき、かつあほらしき旅立ちであることか!

プアプアちゃんは、家族帝国主義と父母未生以前の生と性への煩悶を一気に立ち截り、絶対矛盾を自己同一化することに成功したかにみえたが、それは一瞬の夢、うたかたの幻。過酷で残酷な国際政治の荒波に翻弄されて、ふたたびみたび、混沌と混迷の闇路を流離う運命にあった。

ムツグーゥーッ、
生の極まるところ、燃え盛る性の炎。
今まさに、薪に油は注がれ、
ムツグーゥーッ、
悶える十字架上の聖女、プアプア・ダルクの断末魔の叫びを聞け!

 

 

 

鬼火

 

原田淳子

 
 

 

ひるもよるもなくあかるみ
抜け殻をひろいあつめる

新しい青いサンダルは鱗の染みができる
ついに魚になって跳ねる

排水溝に光る夏の拡声装置

“行方不明者を探しています”

埋もれた市民プールの底には鏡があって
水のむこうへ宙がえりする
醜さをわすれるまで千メートルの呼吸

つめたさのさきのあたたかさで
たましいは吹き飛ばされて
鳴き尽くした蝉が降ってくる

さよなら
あなたのとぶところをみたよ

じめんは剥がれた羽根の地層

 
“行方不明者を探しています”

あそびおわった骨がもえてる

 

 

 

高知

 

工藤冬里

 
 

手放し運転
手放しに喜ばれる
暴風にフェンスの蔦が靡く

白く装っていても
中身はドロドロ、みたいな

殖産興業の
谷を朝市は
痩せ細り
暴風は
何でも売れます

警報だらけの
仁淀川
ドレスの白から
白を抜け
木々は靡く
おいでおいで
赤い橋を渡れ

フロントガラスに
溜まる雨粒
ワイプアウトされない
航走履歴
飽和状態で推移していく
仁淀は殆ど湖

通行止めになる前に
この白を抜けろ

枝の散乱
緑の橋を抜け
白い橋も抜け
ここから川は逆に流れる

ここには遺跡がある
黒岩
遺跡があるのは
風がここで止まるからだ

ここで最後のひぐらしを聴いた

* *

針の穴を通すように俯き
筵の上で一点を凝視する祈りの横顔
デザインされた横顔の高知
家の中の蛇は放って置け
すべての小富士に登れ
空いたアパートの部屋をゲストハウスにすると
なりすましのカップルが住みついた
昔は葉を食べていた
今は蜜を食べている
となりすました蝶disguising transformerは言うが
心など信用できない
肉の代わりに石を食べたって本当ですか?

* *

川は逆には流れていなかった
久万からさえも
変容と変革のからまりのように
私たちは太平洋に転がり落ちる

 
 

 

 

 

聖ニノ像

 

今井義行

 
 

私たちは 1度は 離れたので
そして
私はまた 無宗教者 だったので
エンゲージリングとキッチンウェア以外のもの
例えば
いのりの 象徴

聖ニノ像は
失くして しまったのだ

アルジェリーは
ビデオ通話で「一緒に写ってる写真を
プリントアウトしてください」と言った
私は「データは殆どないんだ」と言った

すると あなたは
「じゃあ ニノは?
ニノは どこにあるの?」と言った
私は「ニノは、わからない」と言った

「ニノはどこに? ニノに
いのってほしいの」とあなたは言った
「ニノは 聖人なんです」

「イエス、アイアンダースタンド」
(ごめんよ、アルジェリー、、、、)
「古い アイフォンから
写真のデータを たくさん見つけたわ
それをプリントして
提出書類に 添付します」

結婚式は 早まって
2020年1月26日 日曜日になった
あなたは 教会結婚式を 夢みていたが
私が クリスチャンでないので
多目的ホールでの 市民結婚式になった

「調べてみたけど
フィリピン式の 結婚式は 複雑そうだね」
「ノウ !」
「そう ?」
「きれいに 書類をそろえれば だいじょうぶよ
きれいに、、、、」

私たちが使っているのは
WhatsAppという コミュニケーションアプリだ

中東では これが主流のようだ
WhatsAppの ビデオ画面の中で
あなたは 純白のガウンを夢みている
多目的ホールには
家族や 親戚たちの祝福がいっぱい !! 「ニノはどこに? ニノに
いのってほしいの」とあなたは言った
聖ニノ、もしくはグルジアの亜使徒光照者 ニノは、4世紀のグルジアにキリスト教を伝道・紹介した女性である。※引用
多目的ホールには
贈られた 花束がいっぱい、、、、
「ユキ、何処にいるの ?
花束が まぶしくて まわりが見えないわ、、、、」
「アルジェリー、
ぼくは ここに 居るよ !!
あなたが さがしていた 聖ニノ像も
ほら、ここに あるよ !!」

1度は 失敗してしまった 結婚
1度は 離れてしてしまった私たち
今度こそは 幸福に ならなきゃね

多目的ホールには 讃美歌がなりひびく
長女のリアンが
次女のアンジェラが
三女の ペンペンが
あなたのまわりを 輪になって踊ってる
「Congratulations、ママ !!」

私は その輪の真ん中に
聖ニノ像を そっと 置く
「私たちみんなを どうぞ 護ってください !!」

「ユキ、あなたの部屋を 写真に撮って
送って頂戴 ──」
「いま用意するから 待ってて」
「はい」
「送ったよ これがぼくのアパートメント
1階で ここが窓
ここがキッチン ここがユニットバス
ここが ベッド ──洗濯機は置けない造りなんだ」

「ノウプロブレム
私は 洗濯物を手洗いするし
窓辺に 蘭の花をかざるし
きれいに ベッドメイキングします
日本に 行ったなら」

(アルジェリーが 日本に滞在するためには
入国管理局が発行する
在留資格認定証明書が 必要不可欠である

実は この認定を受けるのが難しい
日本人とフィリピン人の
国際結婚の場合
まず 偽装結婚が疑われるからだ、、、、)

そんな話を いつだったか
アルジェリーに したことがあった

「なぜですか ?
私たちは リーガルに きれいに
話を進めているのに なぜですか ?」
「入国手続きを 穢してしまった人たちがいるんだ」
「、、、、、、
私は あきらめません
私たちは 何ひとつ
悪いことをしていないのですから
We only pray !!」
「そのとおりだ
私たちが 裁かれる 筋合いはない」
「私たちは 真剣に
メイクラヴをした 私たちは私の家で
いっしょに
食事をして いっしょにシャワーを浴びた」

今度こそは 幸福に ならなきゃね

多目的ホールには 讃美歌がなりひびく
長女のリアンが
次女のアンジェラが
三女の ペンペンが
あなたのまわりを 輪になって踊ってる
「Congratulations、ママ !!」

「Congratulations、パパ !!」
WhatsAppの ビデオ画面の中で
あなたは 純白のガウンを夢みている
それは とても正しい 夢だ

「アルジェリー、おいで !!」
私は 画面の中から あなたの手を強く握って
引っ張り出す
「アルジェリー、おいで !!」

あなたは 私のアパートメントの1室の
貧しい ベッドサイドで
純白のガウンを ひるがえしている

アルジェリーは しばらく
呆然としてから 頬を昂揚させて
私に言った
「この部屋をきれいに アレンジメントします !!」
「うん、まかせるよ !!」

「それから私、
ベッドサイドに 聖ニノ像を飾ります──」

 

 

 

帰ってみれば *

 

シンガポールに行ってきた

女と
行ってきた

シンガポールは
金融と情報と娯楽の多民族国家だった

ナショナル・ギャラリー・シンガポールで

Lee Wenの
イエローマンのビデオと写真を見た

Lee Wenは
2019年3月3日に

死んだ
この世にはいない

夜にはナイトサファリというツアーで動物たちを見た
夜の動物たちは小さく集まっていた

吠えなかった
話さなかった

翌日は
インド街に行き

辛いカレーを食べた
西瓜ジュースを飲んだ

それからベイエリアで
植物園を歩き

夜には光のショーを見た

翌朝
シンガポール航空で羽田に向かい

こだまで
帰ったきた

帰ってみれば *
モコはいない

ガランとした蒸し暑い部屋がいた

モコは
動物病院のホテルに預けていた

 

* 工藤冬里 詩「なりすましのバラード」より引用

 

 

 

パラレルワールド

 

田辺 弓

 

 

雨上がりの土手の道

足もとに光る草むら

泣きつかれたこどもみたいな

一日のおわり

しずくは数珠のように連なって

緑のなかでゆれる

逆さまの世界は

 

パラレルワールド

わたしたち、どこにいる

 

運動場にね、白線を引いたでしょう

あの線の 向こうとこっち側

わたしには超えられない

新しいスニーカーのかかとで

踏みにじったらたやすく消える

あの線の 向こうとこっち側

雨が降ったり

風で巻き上げられたり

小さな足あとを残す笑い声に

晒されるだけでさえ

消えて

消えてしまう

 

そうしたら

入り口も出口も

どこにあるのか分からなくなって

ひとは

道を塞がれた蟻みたいに

戸惑い、

困惑して、

ウロつき回り、

訳もわからぬまま、

それでも闇雲に、

とつとつとやたらな方角に進むのみ

 

あの線の向こうとこっち側

わたしとあなたを分けている

あの線の

 

それでも

入り口と出口を

探して

首を振ったり

ターンしたり

うつむいたり

四つん這いになったりしながら

途方に暮れて

空を見上げる

 

夕暮れどき

波のような雲

空の果て

 

雲が

やさしい身ぶりで

ゆれる

あの線をまたいだ

向こうとこっち側

あの線の

向こう へ

いける気がして

 

 

 

椅子

※ M氏追悼

 

道 ケージ

 
 

森の外れ
血管で出来た椅子は
蔦と絡まり
佇む

ラメの泡のような液血は
混じらずも許し
宿命を代謝しあっている

地表の実生たちが
ソーダ水のようと
われがちに駈け上がる

座られた記憶に
座りこむ椅子
真ん中の窪みが誘う
椅子は花である

ためらいなく入る人々
置き去りの私

椅子は
あちらから落ち窪んだ根茎か

死ねば終わる
二つの世界

あの崖だよと誰かが指差す
死んでみせた人
緑に包まれると
もう椅子とはわからない