Spoons*

 

たかはしけいすけ

 

 

スプーンがなくなった
きのうも一本なくしている
床下に小人がいるに違いない
二本持っていったということは
楽器として使っているのだろう
きっとアイルランドから来たのだ

 
 

*アイルランド民謡で使われるスプーン二本で演奏する打楽器

 

 

 

真っ白

 

たかはしけいすけ

 

 

役者でもないのに
舞台で頭の中が真っ白になり
セリフが出てこない
なんて夢を
見たことがある

ある高名な詩人は
自分の詩集を開くと
ことごとく真っ白だった
なんて夢を
見たのだそうだ

詩を書いていて
書いても
書いても
真っ白
なんて夢は
まだ
見ていない

修業が足りんな

役者のほうが
向いていたかもしれない

夢の中のぼくは
舞台を動きまわり
真っ白な頭の中から
とにかく何か言葉をひねり出して
喋り続けた

そんな夢は
久しく見ていない

現では
詩が
書き出されもせず
真っ白のまま

 

 

*第二連 詩人=鈴木志郎康さん
空0浜風文庫に発表の詩「びっくり仰天、ありがとうっす。」のエピソード

 

 

 

礼 儀

 

たかはしけいすけ

 

 

誰かの悪ふざけ
といったふうに
ハンガーが
おおげさな音をたてて揺れた

死んでまだあたらしい人は
親しかった人に会いにいける
というのは
こちら側でも知られていることだけど
これはちょっと
大胆すぎないか?

勘の鈍いぼくのため
とはいえ

そちら側の偉い人に
叱られやしないか心配になる

それに
いくら父親でもさ

とりこみ中ってこともあるんだよ

そこまでのことができるなら
ノックぐらいはできただろうに

 

 

 

秘 密

 

たかはしけいすけ

 

 

神さまはいる
なんて
言わないほうがいいよ

見せてみろ
って 言われるからさ

きみがウルトラマンだっていうことも
黙っていたほうがいい

おかしいやつ
って 思われるから

ぼくも内緒にしてるんだ

自分が詩人だということは

 

 

 

ほとほと自分に愛想をつかす失敗は たいてい六月におこしていた と 気づいて わかったこと

 

たかはしけいすけ

 
 

人間は水でできているから
大気の水が不安定なときは
からだのなかの水も影響を受けて
バランスがくずれてしまうのさ

ぼくがわるいんじゃない

天気のせいだ