Les Petits Riens ~三十六年もひと昔

蝶人五風十雨録第13回「五月三十日」の巻

 

佐々木 眞

 
 

IMG_5381

IMG_5352

 

1981年5月30日 土曜
宮澤清六氏から頂戴した宮澤賢治の「貝の火」を読む。

1982年5月30日 日曜
藤沢にて第9回自閉症連続講演会を開催し盛会なりき。東大の太田昌孝先生を講師に招き、聴衆約200名。併せて神奈川県域総会も開催する。

1983年5月30日 月曜 快晴
サミット閉幕す。Addenda演出を野田氏に決める。次男が仲間と燕の巣を叩き落としたので妻、担任の小林先生謝る。子の弱さが問題なり。

1984年5月30日 水曜 くもり
六本木のスタジオAbiでAddendaテレビCM建設会社編を撮影。深夜、宣伝会議の答案の添削をする。

1985年5月30日 木曜 はれ あつい
池袋サンシャインにて「チェーンストアフェア85」をみる。この頃三半規管がおかしい。地軸がずれる。

1986年5月30日 金曜 雨
新橋TCCで「モロン」をみる。SFカルトお笑い映画なり。ぴあにて「インディアン・キャバレー」をみる。インド女流監督によるドキュメンタリー映画なり。

1987年5月30日 土曜 くもり
会社休んで次男の授業参観。教師は高見順の「われは草なり」を題材に詩学講義を行ったが、こんなの子供には無理だろう。

1988年5月30日 月曜 はれ
エミリオ・エステベスの「WITHDOM」、エリック・ロメール「喜劇と諺シリーズ」の「友達の恋人」。いかにもありそうな話をいかにもありそうに描き出す才人ロメールならではの佳作なり。

1989年5月30日 火曜 にわか雨
3日続けてのにわか雨、そして雷雨。早くも夏か。デパートは消費税のあおりで売上が落ち込む。博報堂はじめて来社。余、身体弱りつつあり。企画の仕事に悩む。

1990年5月30日 水曜
「フンクイの少年」。侯孝賢の初期の自伝的映画なり。夜イケダノブオ氏の御馳走になる。

1991年5月30日 木曜 晴
会社休む。長崎雲仙は溶岩流で人々が逃げ惑っている。「弁明」「クリトーン」などでソクラテス最後の日々を読み感銘を受ける。新会社ディレク発足。

1992年5月30日 土曜 くもり後雨
会社休む。長男は材木座の散髪屋で髪を刈ってもらう。この家にも自閉症の同級生がいる。

1993年5月30日 日曜 ふったりくもったり
朝、長男の定期券を駅まで買いに行く。「杜詩」とシューベルトのCD2枚買う。雨上がりにムクと太刀洗まで散歩。父母が散歩のついでに我が家にやって来る。鎌倉古寺地図を見る。

1994年5月30日 月曜 雨のち晴
久しぶりに会社へ行く。佐野ちゃんは実家に帰ってぐずぐずしていたら、母親に怒られたそうだ。小坂、清水はギャラアップしたが、俺は去年と同じだ。妻は長男の要請で、遥々高野山の麓の本屋まで行く。ただそれだけでまた鎌倉まで遥々戻ってくるのである。

1995年5月30日 火曜 くもり
大阪出張。帰りに奈良に寄って国立博物館の日本仏教美術名宝展を見る。空海、最澄、聖徳太子の真筆、平家写経、吉祥天女像など素晴らしき限りなり。ついでに東大寺大仏、二月堂、三月堂をみて夜10時半帰宅す。

1996年5月30日 木曜 くもり
雨の予報なれど雨降らず。会社休みで静養す。今週長男はゆりの木ホームにステイする。ムクと太刀洗散歩。父具合悪く義姉吐く。義妹宅でもめる。

1997年5月30日 金曜 晴
会社に妻と次男より電話あり。次男のカメラ、マニュアルに出来るか否かの問い合わせなり。

1998年5月30日 土曜 陰 湿度高し
昨夜妹より身の上相談あり。失業率4・1%と過去最高。米国並みなり。パキスタンが再度核実験を行う。

1999年5月30日 日曜 快晴
素晴らしき5月の好天なり。次男がスパゲティを作ってくれる。いつものタラコではなく新作也。妻と長男「ゆうあいピック」より日焼けして帰宅。ムクのダニを50匹ほど取って瓶に入れたり。

2000年5月30日 月曜 晴 暑い!
午前、六本木シノヤマ事務所の傍の渡辺君の会社を訪ねる。webサイトの仕事をしているとか。午後、集英社にメンズノンノの石井さんを訪ねる。ロードショウ誌の田中洋子副編集長を紹介してもらう。

2001年5月30日 水曜 雨ときどきくもり
ムクと散歩。テングチョウ、ジャコウアゲハ、アオスジアゲハを見る。小柳、内田氏より電話。内田氏にレイアウト依頼す。本日より文芸社にとりかかる。講談社オブラからファックス届く。

2002年5月30日 木曜 はれ
鎌倉早見学園で講義。女の子休みで学生1人のみ。妻と海岸近くのレストランでフランス料理を食べる。もう海で泳いでいる人がいた。歯痛と戦いながら、文芸社リライト終了す。

2003年5月30日 金曜 はれ
文化講義第8回目。商業施設について喋ったが、途中で時間になった。新橋アシェット婦人画報社に鴨沢さんを訪ねる。元気そうなり。「夕映えの道」をみる。

2004年5月30日 日曜 はれ あつし
文芸社やる。原田さんに原稿のデジタル化を依頼す。妻、長男と熊野神社まで歩いたが、蒸し暑くさながら夏日のごとし。

2005年5月30日 月曜 雨
文化講義。EUは25カ国なのに23しかないと指摘され、赤面す。ルーマニアとブルガリアが抜けていた。双子山親方(元貴乃花)ガンで死ぬ。55歳なりき。

2006年5月30日 火曜 腫れたり曇ったり
工芸大、藤沢に住む映像科の女の子が駆けこんできたが、橋本氏にバトンタッチして帰る。日本、ドイツとの練習試合で引き分ける。今村昌平死す、79歳。

2007年5月30日 水曜 雨
南長崎のカウンタックに青池夫妻、母、妻と次男のグループ展を見にゆく。2点の写真が1枚8.5万。買ってやってもよいのだが、買わずに帰る。

2008年5月30日 金曜 くもり
工芸大、若干名。疲れた。7月29日から休みが取れないと知り、妻怒る。

2009年5月30日 土曜 くもり時々雨
妻と一緒にNHKの共同アンテナのちらしを配って歩く。積立金から3万円払い戻すという。

2010年5月30日 日曜 くもり
沖縄普天間基地問題で署名を拒否した福島大臣を罷免した民主党連立政権から、社民党が離脱。文芸社アップ。

2011年5月30日 月曜 雨のちくもり
文化講義2連発。

2012年5月30日 水曜 雨ときどきくもり
午前中に湿生花園を訪ね、4時に箱根から帰宅す。

2013年5月30日 木曜 くもり時々小雨
妻と大和へ行き、ニトリでベッド、無印で机と椅子を買い、6月9日に入所施設に納品してもらうことにした。

2014年5月30日 金曜 はれ
文芸社アップ。すぐに次の依頼ありしが、労賃あまりにも安すぎるので断る。

2015年5月30日 土曜 快晴
太刀洗で例年のごとく大量のルリシジミ発生。白いサラシナショウマの花もあちこちで咲いている。

2016年5月30日 月曜
今宵も森戸橋でヘイケボタル乱舞す。
月初シューマンの歌曲を思いながら「美しい5月」という詩を書いたのだが、安倍蚤糞の御蔭で「醜い5月」となり果てた。
この男はみずからが能天気に実行した経済政策が破綻し、なんの成果も上がらないので、それをなんとか責任転嫁しようとして、なんとサミットで「世界経済はリーマンショック前と同じくらい危機にある」などと異常な脳内妄想を公言して他国の首脳から気狂い扱いされたのみならず、3本の矢がみな折れて消費税アップの公約すら果たせないという醜態を演じている。
あまつさえ「謝罪なんかしなくてもいいからともかく来て下さい」と拝み倒してオバマ大統領の広島訪問を実現したことを、まるで鬼の首でも取ったように大騒ぎして、沖縄の邦人女性殺害の責任追及や日米行政協定の見直しなど、すっかり忘れ果てているようだ。
彼奴は「二匹目のどぜう」よろしく7月に選挙に打って出るようだが、こんな子供だましの手品に騙されるほど愚かな民草ではないことを思い知らされるに違いない。

 

陰謀は悉く破れ皐月尽 蝶人

 

 

 

火炎木

 

尾内達也

 
 

13304989_1124640827599966_6851273715451309978_o

 

沖縄の夜には
眼がある 根がある
じっとみつめる
緑の眼がある
やもりの聲が
天から降りそそぐ島の夜
火炎木が満開である
根は深々と海まで張って
しんしんと花が燃えさかっている
一人一花 夜の花

おんながひとり殺された
おんながひとり殺された
おんながひとり殺された

真っ白い人骨を
咥えて
はだかのおんなが駆けてくる
しめなわをめぐらせた
火炎木の前で
舞っている 舞っている
名なしが舞っている

われは
猫になるぞえ 猫になるぞえ

沖縄の夜には
眼がある 根がある
じっとみつめる
緑の眼がある
おれはいま 耳鳴りに
海鳴りをきいたよ