日本人としてのフデコさんのためのHerstory

2017年11月バンコクでのパフォーマンスのテキスト部分

 
 

Shinichi Arai
荒井真一

 
 

In that video my mother Fudeko san cried and told me that you must stop your performances.
It was her first time to watch my performance “Happy Japan!.”

She told me that why you show your Chyon Chyon means your penis and sing a holly national anthem nudity and paint holly Japanese flag with your hip?

She told me that you are unpatriotic and not Japanese.
And told me that I am very sorry that we poor your parents supported you who became such bad guy.

She died on 19th September this year.
She was born on 4th May 1927.
So she was 90 years old that day.

My father died in 2002.
I was only one child of them.
My mother broke down on 11th June 2011.
Since then she could not speak nor eat with her mouth nor move her right hand and foot.

She was born one of 8 children.
Her family was a very poor peasant at local village of Toyama prefecture 600km from Tokyo.
She only graduated primary school.
It was very similar as many peasants girl children those day.
In primary school she learned that the Emperor was god, the father of Japanese fathers, so your holly father, national flag and anthem were excellent holly like the Emperor.

After World War 2nd, many young Japanese Emperor armies could not come back to their poor villages.
So she could not marry.
She worked hard for family to take care of her niece and nephew whose mother worked hard at rice fields and do housework like cooking and sewing.

At last she married when she was 31 years old with my father Hisao san.
He was 35 years old and second marry but He lived in rich Toyama city with his rich family.

After their marry his family became very poor and his rich brothers were gone.

My father only got small land for small house from his rich family.

Then my mother understood my father could not write and read Japanese nor calculate simply numbers.

So she was father and mother for me in my childhood.

But I love Fudeko san and Hisao san

 

===================================================

 

2003年正月、ビデオ見ながらわたしの母フデ子さんは泣いて、あなたはパフォーマンスをしてはならないとわたしに言った。
フデ子さんがわたしのパフォーマンス「Happy Japan!」を見るのは初めてのことだった。

フデ子さんはわたしがなぜチョンチョン(チンポ)を出し(ピカチューで隠しているのだが)、神聖な「君が代」をウンコをするかっこうで歌い、神聖な「日の丸」を尻で描くのかと問い詰めた。

彼女は、わたしを非国民と言った。
そして、あなたを東京の大学に行かせるのは大変だった。こういうことをしているのは亡き父久男さんとわたしへの裏切りだと言った。

彼女は2017年9月19日に死亡した。
彼女は1927年5月4日に生まれた。
彼女はその日、90歳だった。

わたしの父は2002年に亡くなった。
わたしは彼らの一人っ子だった。

わたしの母は2011年6月11日に突然倒れた。
それ以来、彼女は話すことも、口で食べたり、左腕と左脚を動かすこともできなかった。

フデ子さんは8人兄弟だった。
彼女の家族は富山県の宇奈月町で、非常に貧しい農家だった。
彼女は小学校のみを卒業した。
それは当時の多くの農民の女子たちでは当たり前のことだった。
小学校では、天皇は神であると教えられた。あなたの父親たちの父であり、あなたがたの神であり神聖な父であると。
国旗、国歌は天皇のように神聖だと。

第二次世界大戦後、多くの若い日本の農民の兵士は貧しい村に戻ってこなかった。
そして彼女は結婚できなかった。
彼女は田んぼ仕事で忙しい義姉の代わりに姪と甥の世話をし、調理や縫製のような家事をして家族を助けた。

彼女はついに31歳の時にわたしの父久男さんと結婚した。
久男さんは35歳で二度目の結婚だったが、都会の富山市で金持ちの家族ととも暮らしていた。

彼らの結婚後、久男さんの家族は没落し、父の金持ちの兄弟は死んでしまった。

久男さんは家族から邸内の小さな土地をもらっただけだった。

そして私の母は久男さんが文盲であり、簡単なたし算もできないと理解していった。

だからフデ子さんは子供のころ、わたしの父であり母だった。

しかし、わたしは今でもフデ子さんと久男さんが大好きです。

 

 

 

見晴らしのいい場所

 

正山千夏

 

歩いているあいだに
ずいぶんと長い時間が経ち
しばらくぶりに
見晴らしのいい場所へ出た

季節外れの台風が去り
細い月はぴかぴかに洗われた
金木犀は地面に落ちて金に変わり
かぐわしい香りもしなくなった頃のこと

なぜか急に思い出す
まだティーンだった頃、空の青が
好きで好きでしようがなかったこと
胸のあたりにあたたかな感触が
湧きあがる

大好きだった人のこと
どんなふうに愛したのか愛さなかったのか
忘れていたチカラが
ふたたびあたしの中にあるのに気づく
孤独を暗示した強い風
その音さえ甘やかに

あたしはそこから
動き続ける雲を見ている
新しい風が新しい不在を呼び
新しいあたたかな感触がそこに
流れ込んでくるのを

 
朝もやの流れる木立の間から
鹿が耳を立ててこちらを見ている
と思ったら消えた
あたしはゆっくりと
それを追い始める

 

 

 

告げるのは…

 

ヒヨコブタ

 
 

我が家にやってきた時計
かっこうが鳴いて響く音を目をつむって

いい声
数の間に山のこだまを

まだ暑かった頃の寒さを
思うのは
強がりのよう
子どもの頃からの強がりは
さみしがりを隠すため

家人が入院するという
しばらくかかるという

わたしはぼんやり聞いて
受け止めないでいる

痛みも熱も
受け止めないまま冬が来るだろう

銀杏も踏みつけないようにそっとあるいて
臭いと言わないように
大事に拾うひとに笑顔をもらう秋なのだから

ずっと強がる

 

 

 

山崎方代に捧げる歌 20

 

浮き世とは気持の悪いところにて桐の花が咲きかけている

 

夜中に
ユージさんの

シンフォニアを聴く

なんども
聴く

なんども聴いてきた

昨日
高円寺のコクテイル書房で

広瀬勉さんの鎌倉の写真をみた

大切なヒトが
消えた

写真

空気を喰うこと

 

 

 

祈り

 

佐々木 眞

 
 

八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!
2006年9月23日午前零時ごろ、川崎市宮前区のJR武蔵野線貨物線下のトンネルで、歩いて帰宅中、同市高津区在住の会社員、鈴木洋一容疑者に右胸や左腹を刃物で刺されて殺害されたアルバイトの黒沼由理さん27歳の霊魂が浮かばれるようにしてください。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。

八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!
2010年1月31日、神奈川県鎌倉市十二所のアパートの1室で「自殺サイトで知り合った」という遺書を残し、練炭を七輪で燃やして集団自殺したこの部屋の住人、無職の男性46歳と、東京都葛飾区の女性39歳、大阪市の女性29歳の3人の霊魂が浮かばれるようにしてください。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。

八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!
2013年7月に長時間労働でケータイを握ったまま過労死したNHKの記者、佐戸未和さん31歳の霊魂が、浮かばれるようにしてください。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。

八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!
2015年12月25日、日曜休日も働きに働続けて疲労困憊し、社員寮から飛び降り自殺した電通の新入社員、高橋まつりさん24歳の霊魂が、浮かばれるようにしてください。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。

八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!
2016年7月26日未明、相模原市緑区の社会福祉法人かながわ共同会「津久井やまゆり園」に侵入した植松聖に、出刃庖丁で刺し殺された19名の重度の障害者たちの霊魂が浮かばれるようにしてください。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。

八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!
2016年10月、福井県池田町池田中学2年生で生徒会副会長だった男子生徒14歳は、担任・副担任から再三「お前は辞めていいよ」などと「人が聞いたら身震いするくらい怒られていた」が、2017年3月14日に学校で自殺した。
その男子生徒の霊魂が、浮かばれるようにしてください。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。

八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!
2017年6月、神奈川県大井町の東名高速で福岡県中間市の建設作業員石橋和歩容疑者25歳が、ワゴン車の進路をふさいで停止させたために、大型トラックに追突され、夫婦が死亡、娘2人が負傷した静岡県清水区の車整備業萩山嘉久さん45歳一家の霊魂が、浮かばれるようにしてください。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。

八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!
2017年10月16日、地中海の島国マルタで「パナマ文書」の政府への疑惑を追及していた女性ジャーナリスト、ダフネ・カルアナガリチアさん53歳は、車に仕掛けられた爆弾で即死した。
そのダフネさんの霊魂が浮かばれるようにしてください。

無辜の民草のさ迷える霊魂が、救われるようにしてください。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。
もしもあなた方が、本当にどこかにいらっしゃるなら。
八十神、八十万神、八百万神、千万神よ!