山崎方代に捧げる歌 14

 

くちなしの白い花なりこんなにも深い白さは見たことがない

 

このところ

鈴木さんの新詩集
とがりんぼう、ウフフっちゃ。を読んでる

明るくなって、
庭に、
五月の風が流れ込んで、
若緑の葉が、
さわさわって揺れたよ。

そう
志郎康さんは書いてる

そこに死があり
生がある

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です