浜風文庫の本

 

⬛️鈴木志郎康 詩集「とがりんぼう、ウフフっちゃ。」

2017年7月31日初版第一刷 発行
菊変(214×140) 242ページ
装画=海老塚耕一
ISBN978-4-87995-957-7 C1092 \3000E

▼ご購入方法は書肆山田サイトでご確認ください。

 

※辻 和人さんのこの詩集についてのエッセイは、こちら。
鈴木志郎康詩集『とがりんぼう、ウフフっちゃ。』(書肆山田)を読んで その1
鈴木志郎康詩集『とがりんぼう、ウフフっちゃ。』(書肆山田)を読んで その2

※佐々木 眞さんのこの詩集についてのエッセイは、こちら。
嗚呼、おらっちも「めっちゃくっちゃな詩」を書きたくなったずら。

※さとう三千魚のこの詩集についてのエッセイは、こちら。
鈴木志郎康 新詩集「とがりんぼう、ウフフっちゃ。」を読んで、な。な。おおい、おおい。

 

 

 

⬛️さとう三千魚 詩集「浜辺にて」

詩集を出版いたしました。

2013年6月から2016年10月まで「浜風文庫」に公開した詩のなかから、
532編の詩を詩集に纏めました。

表紙は画家の桑原正彦さんの作品です。

詩集「浜辺にて」

さとう 三千魚(さとう みちお)
182×128×42mm・632頁 定価2,800円+税
ISBN 978-4-88330-503-2

▼ご購入はらんか社サイトでお願いいたします。
http://www.rankasha.co.jp/index.html

 

「言葉なき歌」の方へ
http://satomichio.net/?p=15273

佐々木 眞さんによりさとう三千魚の新詩集「浜辺にて」について感想を浜風文庫に書いていただきました。

大変にありがとうございます。
630頁の詩集ですから読了いただくのが大変だったかと思います。
感謝申しあげます。

 

世界を見る目
http://satomichio.net/?p=15534

長田典子さんによりさとう三千魚の新詩集「浜辺にて」について感想を浜風文庫に書いていただきました。

「難しいことばはどこにもなく、ほとんど、小学生にもわかる言葉で書かれている。
この詩集から、きっと誰にも、好きな詩、大切にしたい詩、を見つけることができると思う。」と書いていただいています。

大変にありがとうございます。
恐縮です。

 

 

 

⬛️鈴木志郎康 詩集「化石詩人は御免だぜ、でも言葉は。」

2016年8月28日初版第一刷 発行
菊変(214×140) 258ページ
ISBN978-4-87995-942-3 C1092 \3000E

▼ご購入方法は書肆山田サイトでご確認ください。

 

※さとう三千魚のこの詩集についてのエッセイは、こちら。
鈴木志郎康 新詩集「化石詩人は御免だぜ、でも言葉は。」を読んで、ブオーッ、ブオーッ。

 

 

 

⬛️鈴木志郎康 詩集「どんどん詩を書いちゃえで詩を書いた」

2015年5月19日初版第一刷 発行
菊変略フランス装 170ページ
ISBN978-4-87995-917-1 Cl092

▼ご購入方法は書肆山田サイトでご確認ください。

鈴木志郎康「どんどん詩を書いちゃえで詩を書いた」

 

夕方、早めにお風呂に入って、
カレーを食べながらビールを飲んだら眠ってしまった.

夜中にソファーで目覚めて、
鈴木志郎康さんの新詩集「どんどん詩を書いちゃえで詩を書いた」を読んだ.

なによりも浜風文庫の志郎康さんの詩が詩集になったのが嬉しい.

80歳になった詩人のことばは、
溢れて、ひろがっている.

わたしには、
この新詩集のなかにでてくる麻理さんへのまなざしがひかりに見える.

「麻理がちょっと出かけて家を空けただけで寂しくなるのに、本当にいなくなってしまったら、わたしはその寂しさを耐えられるだろうか。」

「元旦に、
麻理には小声で素早くおめでとうを言ったけど、
彼女の難病の進行を思えば、
おめでとうが重い。」

「若い連中と、詩と、映像とを語り合って、友愛を深めたい、と思っている八十歳っていうわけざんすね。」

そう、鈴木志郎康さんは詩のなかに書いている.

80歳になった純粋身体は、
何と出会っただろうか.

何と別れるだろうか.

 

2015年5月25日 さとう三千魚 記

 

 

 

⬛️さとう三千魚 詩集「はなとゆめ」

随分、ひさしぶりに詩集を出版いたしました。
表紙のドローイングは画家の桑原正彦さんの作品です。

IMG_9184

詩集「はなとゆめ」

さとう 三千魚(さとう みちお)
46判・104頁 定価1200円+税
ISBN 978-4-89544-588-7

▼ご購入は無明舎出版サイトでお願いいたします。
http://www.mumyosha.co.jp/docs/14new/hanato.html

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です