Deep In The Mists

 

狩野雅之

 

夕暮れにはまだよほど時間があるのだが、異様な濃霧に遭遇した。標高1700メート ルの山岳地ではこれは「雲の中」に入った状態なのだが、現象的には「濃霧」のよ うに見える。分厚い雲海にさえぎられて出現した薄明の空間。拡散する光のスペク トルによってじつに幻想的な世界を垣間見ることになった。

このような機会を心待ちにしている自分がいる。わたしの内なる薄明世界にも似たこの風景に、なによりもこころ惹かれるからだ。

全てカラー写真です。

 


20180618-DSCF8563

 


20180618-DSCF8567

 


20180618-DSCF8571

 


20180618-DSCF8572

 


20180618-DSCF8574

 


20180618-DSCF8575

 


20180618-DSCF8581

 


20180618-DSCF8583

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です