霧のダブリンで I was sleeping と唄う

 

夜中に
目が覚めた

起こさないようにベットから
そっと起きた

女は
俯せに寝ていた

本の部屋で
窓をあけたら

西の山の上に月がいた

チェット・ベイカーの最晩年の歌を聴いた
almost blue

若い頃の美しい顔と声は

しわがれて
いた

歯も抜け落ちていただろう

工藤冬里は昨日
詩に

“歌は自然に二部に分かれ その厚みの中で”
“テカる瓢箪”

と書いていた

晩年になれば
誰も

二部に分かれその厚みの中でテカるだろう

ふたつに引き裂かれている
ふたつに引き裂かれている

誰もが
晩年には

テカる

almost blue は1982年に
エルヴィス・コステロがチェット・ベイカーに捧げた歌だ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です