あなたはフレームだけになった

 

ゴミ出しに
いった

モコといった

ブーゲンビリアの赤い花が咲いてた

いつも
モコはついてくる

昨日
工藤冬里の

詩の中に

羊がでていた

“羊という字はリスカを想わせる”

そう
書かれていた

此の世には
リストカットをするヒトも

いる

しないヒトも
いる

“見えない人が見えるようになり”
“見える人が見えないようになるために”

とも
書かれていた

たくさんのヒトたちがいま殺されているだろう

どうなんだろうか
イマジン

団塊たち

どうなんだろう
若者たち

今朝は
モコとゴミ出しにいった

帰って

ソファーに
座って

イマジンを聴いた

“あなたはフレームだけになった”
“あなたはフレームだけになった”

眼鏡を
外して

いつまでもきみの裸をみていたい

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です